読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways

Apologies, Glances and Messed Up Chances

Agile TransformationのGolden Circle

Agile

InfoQで、Jean TabakaのGOTO Aarhus 2011 Conferenceでの講演のビデオとスライドが公開されています。
InfoQ: The Golden Circle – Why How What

 

これは、一言でいうとSimon Sinekの"Golden Circle"(そして、"Start with Why")の考え方を組織におけるAgile Transformationの文脈に置き換えて説明したものです。なので、上のInfoQのビデオを観る前に、是非一度、Simon SineckのTED講演のビデオを観ておくことをお勧めします。

 

Simon Sinek: How great leaders inspire action

※ 日本語字幕付きが良ければ、こちらに
  「サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか」

 

で、話をJean Tabakaの方に戻しますと、昨年のAgile2011 Conferenceでも彼女のセッションがあり、このGolden Circleの話をワークショップ形式で行ったようです。それについては、彼女にムーンウォークをレクチャしたという(笑)牛尾さんがブログに少し紹介記事を書かれています。
メソッド屋の日記: Agile2011レポート2〜セッションまとめ続き〜
(ちなみに、この文章の中では"How"と"What"が入れ替わっているような気が…w)

 

詳しい内容はビデオを観ていただくのが一番ですが、ここでポイントとなるフレーズのみ簡単にメモしておきます。

- Why = Vision
- Why is our gut
- Why has emotion and heart
- Why gives us purpose, cause, belief
- Why creates commitment to something bigger than ourselves
- Agile transformations must start with a visionary Why
- How = Mission
- How brings us guiding principles
- How has logic and a bias toward action
- How provides the infrastructure of intention
- A Why needs a How
- What = Results
- What is dynamic, organic
- You can't have What without a Why and a How
- Start with your personal Why
- Seek the heart and meaning in your organizational Why

 

なお、前回のエントリでもWhy/What/Howについて書いていますが、前回の文脈ではHowがWhatの実現手段となっているのに対して、今回はHowがWhyの実現のためのプリンシプルであり、Whatが結果としてのプラクティスになっていることにご注意くださいませ。念のため。