読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Always All Ways

Apologies, Glances and Messed Up Chances

バスタブで語るアジャイル(ALEBathtub V)

Agile Management

今朝は5時前に起きて、さきほどまでALE(Agile Lean Europe)の第5回Bathtub Conferenceにオンライン参加していました。ここで取り急ぎ簡単なメモ書きとともにご紹介しておきます。

Bathtub Conferenceとは

簡単な歴史はこちらのページにもありますが、ALEの中でCesario Ramos氏の発案で始まった「誰でもどこからでも(バスタブからでも!)無料で参加できるオンラインカンファレンス」です。2011年3月から始まり、今回のが第5回ということです。

今回のアジェンダと一言メモ

  • Christopher Avery: “Exercising Your Agile Leadership Gift”
    • 問題に直面したときの反応の話からリーダーシップや責任感についての話。
    • Responsibility Processを見ればだいたいわかるかな。
  • Antti Kirjavainen: “Letters from Agile Coach Camp Norway 2012″
  • Stephen Parry: “Agile and Lean: It’s not what you think it’s the way you think!”
    • メトリックス、計測の話。横軸に顧客にとって重要かどうか、縦軸にFunctionalかEnd-to-Endかという2軸のマトリックス上に、現在計測している指標をマッピングしてみるとどうなるか?
    • ITILの指標ですら、マッピングしてみると実は顧客にとって重要でないFunctionalなものが多い。
    • End-to-Endで顧客に重要な指標の計測の重要性。
    • Q&Aの中で、EfficiencyとEffectivenessの話に言及していたのが印象的。
  • Jurgen Appelo: “About Stoos Network and other stuff …”
    • 本人曰く、今日は本当にバスタブの中からプレゼンしていたらしいですw。
    • 昨年開催されたStoos Gatheringの紹介。
    • やってるのは知っていましたが、あまり興味を持たずにノーマークでしたが、マネジメントの変革や世の中を変えることについて真剣に議論していたようです。
    • いまさらながら、Stoos Network - Homeからちゃんと追いかけて見ておこうと思います。
  • LT (Lightening Talks)
    • LTは事前申込などなくカンファレンスの途中で募集アナウンスがTwitterで流れてきてやりたい人が手を挙げる感じで、スライドも用意不要の3分トーク形式でした。イベントの告知コーナーみたいなイメージの方が近いかな?

その他

  • 仕組みとしては、Web Conferencing | GoToMeetingを活用したWebinar形式でした。使用感は快適で特にストレスを感じることもなく。今回はあまり参加者からの質問などは出ませんでしたが、もちろん質問(音声でもチャットでも)も可能。ただ、定員(100名)がありますので、次回以降、参加を考えられる方はアナウンスがあったら早めに登録だけでも済ませておくことをおすすめします。
  • 開催が21:00 CET(中央ヨーロッパ時間)からということで、日本では翌朝5時スタートでした。少し早起きするのはつらいですが、まぁ、ベッドの中からでも参加できますし、コーヒーでも入れて朝食のパンをかじりながら参加してそれから出勤ということもできるのでとても参加しやすいと思います。早朝からがっつり2時間英語を聴くというのもたまには良いものです。
  • カンファレンスは録画(音?)されており、近いうちにALE Bathtubのサイトでスライドとともに公開されると思います。また、Twitter上では、#ALEbathtub というハッシュタグで検索すれば参加者のtweetが見れますよ。
  • ここ数年は、カンファレンスの動画やスライドが事後に公開されることは当たり前になってきていますし、リアルタイムでUstream中継されるものも多いです。しかし、それらはあくまでリアルな場でのカンファレンスがあってそれの補助的なものとして遠隔アクセス(+タイムシフト)を可能にしているだけに過ぎません。ALEBathtubのような完全オンラインでのカンファレンスの可能性というのも、もっとトライしてみてもいいかもしれないなぁ、と思いました。

参考(追記)

各セッションのスライド等が上がり始めましたので、気がついたものから下に貼り付けていきます。


Ale Bathtub Broadcast
View more presentations from Stephen Parry